fc2ブログ

逆走してた「_」 by TKB

?

平山に何が起こったか


オシム体制になったはいいが、人選で試行錯誤の段階、という感じなサカー日本代表。

そんな中、期待の星であるべき平山相太。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060831-00000017-kyodo_sp-spo.html


3年契約で、去年活躍したのに解雇(※まだ決まったわけではない)?
な~んでか、ともーちょっと調べたら。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20060831-OHT1T00085.htm

シーズン前に太りすぎですか。海外でのコンディション管理は完全に選手個人の仕事だからなあ。とはいえオシム氏周辺や反町監督あたりの皆がずっこけたのは間違いないだろう。てかケガでもないのに、出場+経験積む機会を無駄に失うのは勘弁してください。(同じ叫びを柴田勝頼にも向けつつ)
スポンサーサイト




  1. 2006/08/31(木) 16:44:48|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

君も今日からMVP


世界杯のMVPに相当するところの、アディダス・ゴールデンボール(not電飾が一部不自由な遊技場つまり睾丸だ睾丸!)賞が発表されました。詳細こちら

前回のオリバーカーンのときにも思ったが、準決勝までの活躍度でほぼ決まってる感がありますな。ジダンが決勝でレッドかましたから不適格だとかは思いませんが、今大会に限れば絶対カンナバーロのほうが上だったってば!ヌルマスコミ!おまえら死〇ね!おまえらの新聞、誤植だらけになれ!お抱えのパパラッチが個人情報保護法案違反で、捕まれ!傘下のテレビ局員が、猥褻事件起こせ!・・・

取り乱しましたとかいう以前にたむらけんじ(not竹中尚人)です。繰り返しますが、意味もなく取り乱したのは、ジダンがMVPに不適格だとか小倉智昭さんばりの電波持論展開というわけではありません。加えて、ポイントをベット(賭け)るとある予想系サイトで、カンナバーロにしこたまつぎこんだからというわけでもありません。つっても50円程度だ。

お口直しに、爆笑したFLASHゲームをひとつ貼っておきます。説明はしません。こちら。(消された模様なので説明ると、迫り来るマテラッツィに次々とヘッドバットをかましていくゲーム。ただし一定時間後レッドカードをもらい、リメ杯の横を退場するあの画像で終わり)
  1. 2006/07/11(火) 15:24:42|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

あまりにも衝撃(アズーリが勝ったよ)


PK戦突入とかイタリア勝ったとかは最早どーでもいいです。

ジダン最後の大暴れ。実に見事なぶちかましでありヘッドバット。そーいや実は短気だったよなあとか思い出しましたよ。

にしてもマテラッツィがすべての黒幕だったなあ。

・トンパチっぷりに目を付けられ微妙なPKを与える
・同点ヘッドを自分で決める
・ジダンを退場に追い込む(ジダンの体触った後挑発か暴言かましたと推測)

かなりのプロレスでした。最早掌の上で遊ばされたと言っても過言ではない。

結果はどうあれ期待のはるか斜め上を行く超絶な試合でした。ジダン事件までは両チーム最高のサッカーを見せてくれました。その上での大・どん・でん・返し(古い)、かなりおもろかったです。主審はダメすぎだったが。
  1. 2006/07/10(月) 05:46:43|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

燃焼系つーか年少系


朝恒例の世界杯ですがこの時間帯に慣れきったとこで残り2試合ですか。

さてポルトガル×フランスです。


続きがあるらしい ≫

  1. 2006/07/06(木) 06:37:42|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

ピッチの外ニュース


テンプレートを何かいじろうと思っていろいろ探すと、所謂「続きを読む」部分を一発表示できるスクリプト内臓のテンプレがあったのでその部分だけ流用。戻る位置とか調整の余地まだまだ大。コメンツ欄まで一発表示できればもっと楽なのだが。

ともかく、当方のこれそこそこ長文になる機会も多いので以後積極的に利用よう。

導入部で興味なければパスするがよい、ということで。


てなわけで今回は「世界杯でのキナ臭いニュース」。


続きがあるらしい ≫

  1. 2006/07/04(火) 21:08:23|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

ジダンのボーナストラック、つづく


かなり眠気に襲われるも、ジダンの勇姿をこの目に、それだけで眺め続けましたが、ブラジルの今までが嘘か夢かのような拙攻と集中のなさ。ジダン中心に生き生きとボール回すフランス。たぶんジルベルト・シウバがジダンマンマーク役だったと思われるが、華麗なキープで置いていくスキンヘッド(諸事情での)。

そしてジダンのFK→ファーサイドでフリーのアンリが欽ちゃんボレー。

世界中の誰しもが思ったことだろうが、あれだけのプレイを披露できる漢が引退してしまうことなど信じられない。が、神様からのプレゼントではなく自力で残りの花道を切り開いた。それに鼓舞されるかのようにブラジルの必死モードを跳ね返したフランス守備。かっこいいぜ、ジダン。それに尽きる。それだけ。
  1. 2006/07/02(日) 06:16:46|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0

ポルトガから


イングランド負け。ベッカムさん負傷交代はまあ仕方ない。ルーニーの退場は一体なんだったんだ。

メンタルでは誰にも負けないはずのランパードとジェラードが揃って止められたのはショック。

にしても、ベッカムとフィーゴが揃ってベンチで祈るしかできない、という光景はひとつの時代の区切りなのかな、と思わざるを得なかったですよ。フィーゴはもうひとつ上で、そしてジダンのボーナストラックはまだこれから、ではありますが。

あと、何がどうしてなのか自分でもよくわからないですが、この試合見てC・ロナウド(notデブ)が嫌いになりました。当方どちらかと言えば(国代表としては両方好きなのですが)イングランド応援派だったのは否定ない、が勝利のPK決めたからというのは別に仕方ないことで。アレかな、ドリブル突破のすごさはさんざん見せたものの、サイド切り崩すだけしておいてクロスをまったく上げないとか、サイド切れ込んでおいてその後わざわざ中央にドリブルで戻ってミドルシュート狙ったりとか「こいつ自分で決めることしか考えてないんじゃないのか?」と思わせたのが鼻についたのかなあ。あと21歳のくせに20歳のルーニーをはめるようなプレイしたというのもあるかも。ルーニー退場後ボール持つだけで大ブーイング食らってたし。そーいや、本場フーリガンの国のサポーターの、ポルトガルボールキープ中ブーイング→イングランドボール奪取で即大声援へ→ボール取られて即ブーイングへ→(以下略)の切り替えのあまりの速さはちょっと笑えました。初の逮捕者出るか。

さて、ジダンの一挙手一投足を見守るとしよう。
  1. 2006/07/02(日) 03:24:59|
  2. スポラン2
  3. | なんとか:0
  4. | コメンツ:0
(時を逆走する)

天気予報

明日の天気:お前の意思とは関係なくどうにかなるでしょう。  また、 艦これにより右翼方面にも左翼方面にも馬鹿検出注意報が出ております。  明日もよい一日となりますように。

Twitter氏による生存報告

@kokutetsu_TKB って誰

音楽ボタン跡地

130曲以上 to Last.fm
↑再設定方法探索中

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

あたらしい

About(な)当方

Author:blackwood
ルマー:てきとーセプター
TKB:ボロPCと向き合う音屋
こくてつ:QMA4はハレの行事
ボル七:放送禁止な病人

という多重人格的にお送りる
どーでもよい人生劇場



plugin by 表サイト消失

コメンツ

トラなんとか

通行料


+10000G
ブラックアウトの呪い あと824ラウンド

勢力図

Blog内森田検索、岸田検索

アーカイヴ今むかし

リンクさ ん(古い)

リンクに追加する

RSSフィード